リフォームとリノベーションどっちが安い?

どみ子

リフォームとリノベーション、どっちが安くなるの?そんな風に考えたことはないでしょうか?

「リノベーション」という単語自体が2010年代頃から広く知れ渡る様になり、まだまだ歴史は浅いです。

一方、リフォームは昔からある言葉で、リフォームと聞いただけでどんなことをするのかご存知の方は多く、広く認知されている単語になります。

では、リフォームとリノベーションを比べるとどちらが安くなるのか?

結論からお伝えすると、「トータルで考えるとリノベーションの方が安い」になります。

間取りを変えずに設備だけ入れ替えたいなら、リフォームをお勧めしますが、間取りの変更、水回りの設備変更や設置場所の変更など、あれこれ変更されたいなら、断然リノベーションがお勧め。

実際にリノベーションをした私の経験から感じたことですが、リフォームに比べてリノベーションの方がトータルで考えると安いと感じました。

リフォームとリノベーションの違い

そもそも、リフォームとリノベーションの違いは何でしょう。。

リフォームとは?

リフォームとは既存の建物の老朽化した部分を新築同様に戻す工事

例えば、古くなったキッチンや浴室・トイレを新品に取り替えることがリノベーションになります。

よくあるのはキッチンの設備とその周りの壁紙や床を替える工事など部分的な内装工事のことをリフォームといいます。

リノベーションとは

新築以上の時よりも性能や価値を高める内装工事がリノベーション。

わが家のように、中古物件をほぼスケルトンの状態で一から作り替えることはリノベーションになります。

リノベしやすい物件探し、物件購入、内装工事とトータルなサービスをリノベーションと捉えている方も多いです。

「リノベーション」は家という大枠は同じで部屋の中を解体して、ほぼ一から作り直すといったイメージ。

リノベーションはなぜ安いのか?見積もりして感じたこと

リフォームの見積もりをした感想

わが家は壁紙と床のみリフォームされた中古マンションを2011年に購入。

住んでみると動きにくい間取り・使いづらいシステムキッチンが不満でリノベの前にリフォームの見積もりをお願いしました。

<希望のリフォーム内容>

  1. システムキッチンの取替え
  2. 12帖LDK横の6帖和室をフローリングへ変更し、3LDK→2LDKへ変更
  3. LDKと、廊下の床張替え

上記内容で見積もりをお願いしたところ、300万円位でした。

ちょうど同じ頃、同じマンションの同じ間取りの階下の方がキッチンをリフォームされたので、お話を伺うことに。

<同じ間取りの階下のリフォーム内容>

  1. 6帖和室と12帖LDKの床の高さを均一に。
  2. 和室の畳を琉球畳へ変更
  3. LDK・廊下の床と壁紙の張替え
  4. システムキッチンの取替

上記で280万円位だったとのこと

リフォーム会社3社から見積もりをお願いしましたが、どこも似たような金額でした。

複数見積もりすることで、ぼったくりではないことも確認できました。

部分的にリフォームをして300万円もかかるなら、もう少し頑張って予算を上げてリノベーションした方が良いなと思うように。

また、リフォームの場合は支払いを自己資金で賄うかリフォームローンになるのでリノベーションよりも金利が高いのもこの時知り、勉強になりました。

リフォームよりリノベーションが安いと感じた理由

リノベーションの見積もり依頼をして、リフォームよりもリノベーションの方が安い理由が以下になります。

  1. まとめて工事するので、工事のスケジュールが立てやすいので効率よく工事できるので、人件費を抑えられる。
  2. リフォーム業者やリノベ業者が契約している専属の大工さんがいることが多いので、人件費が抑えられるようです。
  3. また、リフォーム・リノベ業者の付き合いがある内装設備業者があればキッチンやユニットバス、建具など会社ごとに設定されている卸値が他社よりも割安になっていることもあり、リフォームよりも設備代が安く済ませられます

リフォームの場合、商品の値段と諸経費にリフォーム業者の売上を乗せるしかないので、どうしても割高になるのでしょう。

リフォームかリノベーションを検討中なら見積もりで比較

見積りを依頼すると契約しなければいけないのかも?と躊躇される方もいらっしゃるかもしれません。

私もその一人です。

リフォームの見積りは依頼しやすかったのですが、リノベーションの場合はリノベーション・リフォーム業者によって見積りだけで費用が発生することもあるので躊躇しました。

けれども、何冊かリノベ関連の本を読んだりリフォーム・リノベーション会社のサイトでざっくりとした金額を確認し、なんとなく費用も想定できるようになったので、リノベーションの見積もりを依頼し、契約となりました。

今思えば、もっと前に見積もりだけを先に依頼すればよかったかなと少し後悔。

そして、わが家のリノベーションの費用は

3LDK→2LDK +土間収納へリノベーションをして850万円位でした。

これは、トイレ・キッチン・洗面所の水回り設備の取替、造作家具や造作洗面所など全て含めての金額になります。

部分的なリフォームよりも倍以上の金額になっていますが、その都度少しずつリフォームすることを考えるとトータルお得に感じました。

何より室内の配管を交換したり、水回りの場所を変更したりと大掛かりな工事はリノベーションの時しかできません。

暮らしやすさ、心地やすさの満足度が上がるので金額だけで比較しても安いし、満足度を比較してもリノベーションをした方が安くすんだ気がします。

見積もりをしないと知ることができないこと(例えば工事の施工方法など希望と違うやり方になる)や、希望通りにできないこと(建物の構造上希望通りにできない)があることにも気づくので見積もりをお願いして良かったなと思っています。

リフォームやリノベを検討中なら、少し知識を備えてから見積もりすると、金額の相場や工事内容についてもご自身で比較検討できますよ!

ランキングに参加しております。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
ABOUT ME
どみ子
どみ子
40代 ワーママ
日々「中道の精神」で精進中 保有資格 整理収納アドバイザー1級 宅建士

記事URLをコピーしました