「ウチ断」感想

「ウチ、断捨離しました!」2023年5月16日放送分の内容と感想

どみ子

片付けが苦手でしたが、断捨離をきっかけに整理収納アドバイザー1級まで取得した私。

暮らしのめぐりを良くしてくれる断捨離スキルが大好きで毎週「ウチ断捨離しました」の番組を視聴しています。

今回は2023年5月16日(火)放送分、「私が全部やるの? 会話なき夫婦の10年戦争」についての内容と感想・学びになります。

私の感想を一言で言うと、「関係修復の為にたまには譲ることも大事」

「ウチ、断捨離しました!」2023年5月16日 放送分の内容

お悩み箇所と家族構成

<今回の舞台>

神奈川県横浜市にある一軒家

<家族構成>

妻:あきこさん52歳

夫:たけるさん51歳

長男:そらくん15歳(高校生)

長女:ゆいさん13歳(中学生)

お悩み箇所

<キッチン>

・モノが多いが、収納スペースがスカスカの場所とモノであふれている場所があり、収納がうまく使いこなせていない。

・大量にストックを購入する癖があり、必要以上にモノを購入してしまうとのこと。

<リビング横の3帖の和室>

あきこさんの寝室にもなっている。

・和室の押入れにもモノがびっしり詰まっており、引き出しにキッチンに入りきらない食材が。。

・マスクやティッシュなど家族が使う日用品のストックも詰まっている状態。

・押入れにモノが多くて布団を収納することができない状態。

夫のたけるさんにこの状況についてどう思っているか聞いてみると、「言われたことしかやらない」「基本は任せたというスタイル」となんだかよそよそしい感じ。

「そもそも、妻は何も言ってこない」「自分が必要と思ったことだけする」とのこと。

夫婦の溝が深いの雰囲気が漂っています。

ご夫婦の馴れ初めからこれまでの歩み

ご夫婦の馴れ初め

二人が知り合ったのは高校の部活であきこさんが先輩、たけるさんが後輩の関係。

20歳までお付き合いされていたそうですが、一旦お別れ。

あきこさんは看護師になり15年ほどキャリアを積まれ、35歳の時に、たけるさんと再会。お互い独身だったこともあり、再び意気投合してお付き合い。

そして、結婚してすぐにそらくんが誕生、さらにゆいちゃんが誕生し、結婚後の生活はドタバタ。

夫婦で家族としての指針が定まらないまま、あきこさんが家事・子育て・仕事に追われる日々へ突入。

夫婦で話し合いができないまま、時間だけが過ぎていき子育てが落ち着いた頃には「今更話をするのもな」と。

ご主人たけるさんにお話しを聞いてみると。。

元々、たけるさんは自分の意見を主張しない大人しい性格。

結婚した頃は家事や育児をフォローしてくれていたのが、いつしかあきこさんが言わなければ何もしてくれなくなったそう。

さらに夫婦の溝は深く、お互いの話をお子さんを通して聞くそう。また休日はというとそれぞれ別行動。

たけるさんは「家にいたくないので、出かける様にしている」とひきつり笑いをしながら答えていました。

そして、家族の予定を知らないとまで。。。

あきこさんは「予定はカレンダーに書いてある」と番組スタッフの方に話していました。。

なんだか切ない。。。。

完全にコミュニケーション不足。ご夫婦共に自覚はあるみたいですけどね。。。

たけるさんはお小遣いが月に4万円、趣味は愛車で近所をウロウロする位。

状況的にみても、とても真面目で優しそうなご主人。

けれども家のことには関わろうとしない。

お子さんが小さいころは力を合わせて家を建てました。

けれども、10年ほど前、二人目のお子さんが幼稚園生位から夫婦の会話が減り、今に至ったとたけるさんは話してくれました。

一体何がそうさせたのでしょうね。。。後ほどその原因がわかります。

現在のあきこさんの状況と本当のお悩み

現在、あきこさんは看護師の仕事を辞めて、実家のお母様の闘病生活をサポートされています。

実家が近所な為、毎日お母様の介護をされているようです。

すでにお父様はご逝去されているので、お母様のお世話をするのはあきこさんんと、妹さん。

妹さんにあきこさんの性格などを伺うと、仕事もバリバリ働いて指導する立場にあったそう。責任感が強く、なんでも自分でやろうとし、抱え込むタイプ。頼り甲斐はあるが疲れてしまい、突然疲れて寝込んでしまったりすることもあるそう。

お母様の世話をする為に看護師を辞めたのはつい最近のこと。

それまでは仕事に家事に子育てにと一人で抱え込んでいたようです。

けれども、夫に言うより自分でやる方が早いと思い、ついつい自分でやろうとしていたみたいです。

あきこさんは仕事を辞めて改めて「私って家事や片付けが苦手だな」と感じたそうです。

そこで断捨離を思いつき、断捨離をすることで冷め切った夫婦の仲も修復できるのは?と期待し応募されたようです。

あきこさんは言います「なんで私ばっかり大変なんだろう。という気持ちに囚われていて、私が変われば自然と夫婦仲も変わるのではないか」と。。

いよいよ断捨離スタート!

やましたさんが現状把握

お悩みと現状を把握したところで、断捨離(R)提唱者のやましたさんが登場!

早速、一番の悩みの場所であるキッチンからチェック。

やましたさんは言います。「キッチンは何をするところ?」

キッチンには役割が分かれていて、それによってモノの種類も分かれます。

大きく分けて、食材、調理器具、器の3つ

まずはモノの分類が必要。そして、分類しやすくする為にまずは減らす。

明子さんの場合、まずは大きく「必要」・「不要」をチェックしてからその次を考えましょうとアドバイス。

次に和室をチェック。

ご主人にヒアリング

あきこさんにヒアリングしつつ、一通りモノの量などをチェックしたところで、やましたさんはご主人であるたけるさんに訊ねます。

「ご主人は(今の状況に)どう思われていますか?」

たけるさん「家のことはお任せしますなんで、あまり気にしていません」と他人事。

けれども「邪魔なモノはあるよねとは思います」と、少し本心も聞けました。

やましたさんはたけるさんがあきらめていることを察します。

そこで、やましたさんはたけるさんの気持ちを代弁します

「どうせ、変わらないだろうと思われている」

さらにやましたさんはあきこさんの気持ちも代弁します。

「私は変わるのよ」ということを空間で示しましょう」とあきこさんの気合を入れます。

キッチンから断捨離スタート!

無関心なたけるさんを見返してやろう!

そんな意気込みであきこさんは断捨離をスタート!

まずはキッチンから!

優しいたけるさんは、なんだかんだ言って早速手伝ってくれます。

まず、やましたさんはあきこさんの断捨離力をチェック。

必要・不要の仕分け具合で、やましたさんはどれくらいのサポートが必要なのか確認。

すると、あきこさん、断捨離の決断は早く、次から次へと断捨離されていきます。

どみこ→いつも思いますが、お仕事をバリバリされてきた方は取捨選択が早いですよね。

たけるさんは、ゴミの分別を黙って黙々と手伝ってくれています。

夫婦の息がぴったり!

不要なモノがゴミ袋にまとめられて、次の断捨離をしやすいようにたけるさんがゴミを外に出しに行きました。

全部出しで現状把握

次にリビングいっぱいに食材のストック品や日用品が並びます。

ここでもたけるさんがテキパキと分類しながら、ゴミを処分。二人に任せて大丈夫と判断したやましたさんは、断捨キッチンにあるモノををリビングに運ぶ役に徹します。

やましたさんがあきこさんに訊ねます。「食材のストックが多いのはなぜ?」

「家事が嫌いだから、都度買いに行くのが嫌でストックしてあるのだと思います」とあきこさん。

在庫をよく見もせずに購入したので無駄遣いしていたとあきこさん反省。

キッチンにあった木製ラックも処分。力仕事もたけるさんが担ってくれます。

たけるさんは手伝うことは嫌いではないように見えますね。

要るモノだけを残したらおよそ1/3だけになりました。

残したモノを収納

今度はキッチンに収納していきます。

自分で考えながら収納していきます。

やましたさんは一目見てで、何がどこに、どれくらいの量がわかるかを意識して収納しましょうとアドバイス

やましたさんからのアドバイス

ストック品の収納は一目で種類と在庫の量がわかることが大事

キレイになったキッチンにお二人とも、満足気。

お子さんにもチェックしてもらいます。お子さんたちもキレイになって喜ばれていました。

すると、そこでたけるさんがチクリ。

「捨てるのは簡単だけど、片付けが大変」

そう、たけるさんは日々の動くモノが散らかることや掃除について懸念点があるようです。

でも、他人事だったたけるさんが自分事ととして受止めている様子なので、早くも断捨離効果があったのか。。。どうでしょうね。

初日から、たくさんとゴミと共に大きな変化も見られました。

そして、やましたさんのお仕事はここまで。

ここから本当の断捨離がスタート。

あきこさんとたけるさんの夫婦の溝は埋まるのか??

夫婦で力を合わせよう!本当の断捨離がスタート

あきこさんだけが断捨離をすると思ったら、夫のたけるさんも一緒に断捨離してくれることに。

まずは、キッチンにある食器棚の配置替えから。

そっけない態度のたけるさんですが、積極的に手伝ってくれます。

たけるさんのぶっきらぼうな指示でも、あきこさんは的確にフォロー。付き合いが長いだけあって、息ぴったり。

話し合いながら、リビングの家具の配置を考えます。

あきこさんが看護師として働いていた時は忙しすぎて「日々、雨風凌げればそれでいい」と割り切り、暮らしについては二の次、三の次といった感じだったそう。

家を管理するという感覚もなかったと振り返っています。

その為、夫婦の会話はほとんどなかったようです。

どみこ→フルタイム勤務の看護師のお仕事はそうとうハードだったでしょうね。

家が散らかる原因は不安から

次にリビングの収納を断捨離すると、大量のマスクが出てきました。

そして、和室の押入れからも大量のマスクが。。

一体なぜこんなに大量のマスクがあるのでしょう??

あきこさんにどうしてこんなに購入したのか質問してみると。。。「不安に駆られて行動しているから」と。

不安にも色々な種類がありますが、明子さんの場合、

  1. 災害などの起こるかどうかわからないことに対しての不安
  2. 過去の失敗を繰り返さないか不安
  3. 上記によって家族が困らないか不安

看護師という仕事柄、常に失敗はしてはいけないという責任は相当なものでしょう。

強い責任感が家庭にも現れたのかもしれません。

押入れにはマスク以外にも食料品が引き出しに収納されていました。これも、災害時の非常食として保管していたようです。

責任感から、何かあった時に家族が困らないようにと買い込んでしまったんでしょうね。

断捨離を通じて夫婦関係のもつれた糸が少しずつ解かれていく?

賞味期限が切れた保存用の水も押入れから出てきました。

たけるさんは文句を言わずに、賞味期限切れの水を処分していきます。

あきこさんが一人で抱え込み、家族の為に頑張ってきたことをたけるさんが一番理解していたのかもしれません。

夫婦の会話がなくても、たけるさんが黙々と積極的にあきこさんの断捨離をサポートしている行動をみると、たけるさんの気持ちが伝わってきそうです。

二人で断捨離を進めていくと、あきこさんが「一人ではとても、とても(できなかった)」、「感謝は言わないと伝わらないですね」とコミュニケーション不足だったことのに対して反省の言葉が。

不安で埋め尽くされた押入れのモノを処分し、必要なモノだけが押入れに収納されていきます。

出しっぱなしだったお布団もキレイに収納できました。

この日の断捨離は9時間かかりました。

大量のモノを処分することができました。

たけるさんからやっと本当の気持ちが。。。

後日、あきこさんから「断捨離が終わった」と連絡があり、番組スタッフが訪問。

あきこさんとたけるさん、お二人でお出迎え。

キッチン、リビング、和室ととてもスッキリと片付いていました。

和室はピアノの位置を変え、換気がしやすくなっていました。

リビングに座って、断捨離をしたことについて改めて伺ってみることに。

こんなにたけるさんが手伝ってくれるのに、今までどうして手伝ってくれなかったのか?訊ねます。

すると、たけるさんはあきこさんの家の管理に不満があったようでした。

遡ること随分前。

たけるさんは、家のことを手伝うから共働きすれば?と言ったらあきこさんはイヤだと言った。だから、家のことは全部任せたという風になったそう。

あきこさんは覚えてないような感じでしたが、たけるさんはそれをキッカケに家のことはあきこさんお任せしたようです。

あきこさんは「了承を得てないまま、契約が成立していたんだ」と振り返ります。

そしてあきこさんは家の外構の手入れはお願いしたいと畳み掛けると、たけるさんは一旦拒否。

たけるさんは、自分もするけれどあきこさんも家の中のそうじをして欲しいと要望。

お互い言葉足らずでぎこちない感じだけれど、以前よりは進展したかな?というところで話し合いは終了。

たけるさんは庭や外回りの管理をたけるさんがしてくれることを約束してくれました。

あきこさんは振り返ります。

自分ばっかり仕事も家庭のこともしていると、不満がありつつも黙ってこなしていた。

責任感が強いが故に、あれもしなきゃ、これもしなきゃと抱え込んだものの、誰かが背負い込んだ荷物をおろしてくれることを待っていたと。

勝手に抱え込んでいただけだったということも。。。

エンディング

最後にやましたさんが感じたこと。

あきこさんは引き受けるものの、家族に遠慮してお願いすることができなかった。

さらに、遠慮して家族にお願いするコミュニケーションさえも面倒になってしまったんだろうと。

空間のリセットと関係のリセットと締めくくられていました。

「ウチ、断捨離しました」2023年5月16日放送分の感想と学び

どみ子の感想

夫婦がお互い言葉足らずなまま生活を共にすると、勘違い・行き違いのまま時を経ち気づけば会話がない。家にいたくない。という気持ちなってしまったのが切なかったです。

コミュニケーションの大切さを感じます。

たけるさんはあきこさんと全く目も合わせていなかったのですし、引きつり笑いで本心を少しずつ話していたのも気になりました。

きっと、なんでもあきこさんが仕切っていたのかなと。

高校時代の先輩と後輩の間柄なら、1歳上でも先輩は先輩ですもんね。

姉さん女房的な部分もあったのかもしれません。

あるあるですが、夫が家事や育児を手伝うと妻とやり方が違うので妻が夫に文句を言ってしまい。それから夫がどうしていいかわからず手伝わなくなったりするパターン。

もしかしたら、あきこさんのお宅もそうだったのかもしれません。

たけるさんが「何も言ってこないので手伝わない」というのは、あきこさんからの指示待ちの状態ですもんね。

察して欲しい妻と指示して欲しい夫。すれ違いが10年以上続いていたんですね。

私自身も、夫に対して「自分本位になっていないか?」つい思ったことをすぐ口走ってしまうので、気をつけなければいけないなと強く感じました。

あきこさん自身は取捨選択が早いので、家の詰まりをきっかけに夫婦の詰まりも解決したら良いなと思いました。

「ウチ、断捨離しました」2023年5月16日放送分から得た学び

今回私が学んだ内容はこちら

  1. 夫婦でどんなことでも話し合いが大切
  2. 「察して欲しい」と思わない
  3. 「やって欲しいことを言って欲しい」と思う前に自ら聞く
  4. 夫婦の溝が深くなる前に修復しようと努力する
  5. 意見が対立したら折れることも大事
  6. 素直に謝ること、感謝すること

断捨離を通じて、夫婦がお互い気持ちよく暮らす為の教訓のようでした。

不安とすれ違いからくる混乱で、家の中までモノで混乱していたお宅が断捨離を通じて、いろんな意味で換気ができて、良い方向に進んで行くといいですね。

ランキングに参加しております。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
ABOUT ME
どみ子
どみ子
40代 ワーママ
日々「中道の精神」で精進中 保有資格 整理収納アドバイザー1級 宅建士

記事URLをコピーしました